平成28年4月最新記事PICKUP!

交渉はジェントルマン的に
交渉はジェントルマン的にというのが原則です。交渉が決裂しても地主さんと借地人の間の契約は続きます。また、逆に自分の方に相続が起きたら、借地権を買ってほしいと、お願いする場面も見えてきます。今回のケースで面白かったのは、A、B、C、D、E、Fといる借地人のうち、Cさんは、A、B、D、E、Fとつきあいがあり、情報を集めていたらしいということです。互いに借地人同士、話も通じやすく、こうなると一種の"借地人組合"みたいなものができあがってしまうのです。しかし、情報は交換するものの、A、B、C、D、E、F、それぞれの置かれた事情は実に様々です。資金的に余裕のある人もいれば、そうでない人もいます。腹のさぐり合いということも起きてきます。そこで、中に入った不動産屋さんからCさんは、買った価格については、他の借地人たちにしばらくは伏せておいてくれ、と念をおされたということです。この辺りは紳士協定でしょう。

最新コラム!2016年4月

平成28年4月1日新着!
金融機関と土壌汚染の関係
2016-04-01更新の日記image
 最近、大手の都市銀行では、企業の環境管理体制や土壌汚染の状況を定量的に評価するシステムの構築をし、複数の金融機関で共有化しようとする動きがある。  金融機関では、企業の環境リスクを以下に分類し評価する。
平成28年4月2日PICKUP
不動産取引と情報公開
2016-04-02更新の日記image
 ここ数年、数多くの外国資本が日本の不動産市場へ進出してきたため、「デューディリジェンス」と呼ばれる買主側での調査行為が注目を浴びている。デューディリジェンスの一般化により、不動産取引における調査責任があたかも
平成28年4月3日更新
不動産投信と土壌汚染
2016-04-03更新の日記image
●リートとは  不動産投資信託(日本版リート)が上場し、日本でも不動産投資信託が本格的に一般投資家に販売されるようになった。この投資信託は高い利回りが得られるビルなどをリート(REIT)が購入し、そこから得ら
平成28年4月4日最新情報
不動産業界の現状
2016-04-04更新の日記image
●調査の終わっていない土地はもう誰も買わない  不動産業界は汚染原因物質の使用者ではないため、もともと地下水土壌汚染問題に関する当事者意識が希薄であった。しかし、不動産証券化商品の登場や大阪府豊中市におけるN
平成28年4月5日NEWS
日本食に似た食べ物
2016-04-05更新の日記image
明治政府のお雇い外国人だった、有名なイギリスの建築家ジョサイアーコンドル(現在の東京大学建築学科の初代教授を務めた人物。鹿鳴館、二コライ堂などを建築)は、百年も前に日本建築の地震に対する弱さをはっきり指摘してい
平成28年4月6日新着!
焼き畑で農作物
2016-04-06更新の日記image
住まいは、今の日本の住宅に比べれば単純素朴ですが、基本のつくりは一緒なのです。焼き畑で農作物を育て、稲作を覚えていった大背からずっと、ご先祖様たちは同じやり方で家を建ててきました。木造軸組工法は柱やで支える工法
平成28年4月7日PICKUP
十分な賃料収入が見込める
2016-04-07更新の日記image
建物の残存耐用年数築後20年以上経過した建物でも.REITや不動産ファンドに供される合があるが,全て同じキャップレートであるわけがない。建物の残存耐用年数によるリスクをキャップレートに反映する必要があります。D
平成28年4月8日更新
地震と共振しない固有周期
2016-04-08更新の日記image
「せっかく地震で無傷だった家を、つぶす気ですか」と激高されたので、調査員一同は驚き、ひたすら謝ったほどです。それにしても、「剛構造プラス柔構造」「地震と共振しない固有周期」の力というのは、ものすごい発見です。地
平成28年4月9日最新情報
在来工法(木造軸組工法)
2016-04-09更新の日記image
在来工法(木造軸組工法)においては、屋根や二階部分の重みなど、上から伝わる力に関しては、柱で受け止めます。地震の揺れや台風の大風など、横からの力に関しては、斜めに渡す筋交いや、骨組みの接合部を固める火打ち梁が受
平成28年4月10日NEWS
縦揺れには対応できない
2016-04-10更新の日記image
室内の壁などに取り付けるオイルダンパー等の装置で、建物の揺れを吸収します。免震よりはコスト的に安く設置できますが、揺れを軽減する力は、免震のほうが優れています。覚えておいてほしいのは、制震の場合、壁に付けた装置
平成28年4月11日新着!
修繕の費用
2016-04-11更新の日記image
蛇足ながらつけ加えますと、こうした設計能力や工事管理能力という業務上の能力は、当然ながら安定した経営の上に成り立ちます。いくら技術力が優れていても、経営が安定しなければ良いものをつくりつづけてはいけません。その
平成28年4月12日PICKUP
住宅建設の原価構成
2016-04-12更新の日記image
大手メーカーは、もうあまりしぼり取る余剰がありません。というのは、大手メーカーの製造コストは相当に効率化されて、コストダウンする余地が小さくなっているのです。それに対して、一般の工務店の建築コストにはまだまだ余
平成28年4月13日更新
設計段階
2016-04-13更新の日記image
基本構想を事業の細部まで詳しく検討して設計に反映させながら、基本設計を作ります。設計は基本設計と実施設計に分かれます。基本設計とは意匠だけでなく構造・設備設計が力・わり、建築のコンセプト・間取り・空間など設計全
平成28年4月14日最新情報
【便利さを取るか、環境を取るか】
2016-04-14更新の日記image
 物件選びのポイントの一つは立地であろう。大きな選択としては、環境を取るか、便利さを取るかということがある。  最近の傾向として、職住近接型を求める大が増えている。かつては大都市圏の地価が高く、働く夫が通
平成28年4月15日NEWS
駅から自宅までのアクセス
2016-04-15更新の日記image
 ターミナル駅へのアクセスを考えると、私鉄沿線の場合は特急や急行が停車する駅のエリアが候補にあがることになる。しかし、急行・特急停車駅の物件は立地プレミアムがついて価格が割増となる。 さらに、そのような地域の中
平成28年4月16日新着!
【一生の付き合い、意外に重要な管理会社】
2016-04-16更新の日記image
「リプレイス」という言葉をご存じだろうか。これは先にも述べたようにマンションの管理会社を変更することで、各地のマンションで管理会社のリプレイスの動きが出てきている。 マンションに入居した後もアフターメンテナ
平成28年4月17日PICKUP
管理費見直し交渉の材料
2016-04-17更新の日記image
良いサービスを期待し、また管理費見直し交渉の材料として、リプレイスをちらつかせるのも手である。他社の見積もりを取ったことをほのめかすのである。それだけでも格段にサービスの向上を期待できるし、管理組合規則に「三年
平成28年4月18日更新
【DPZのケントランドとディズニーのセレブレイション】
2016-04-18更新の日記image
シーサイドの実験は、リゾートコミュニティの開発の成功だけではなく、日常の生活環境として、TNDの考え方での都市開発を促すことになった。ワシントンDCに隣接し、首都の膨張の中から開発を拒否し、取り残されていた土地
平成28年4月19日最新情報
訪問介護
2016-04-19更新の日記image
 訪問看護とは、病院や診療所、訪問看護ステーションの看護師、保健師、理学療法士等が入居者の居宅を訪問して、療養上の世話や診断の補助を行うことです。対象となる人は、病状が安定期にあり訪問看護等が必要であると主治医
平成28年4月20日NEWS
居宅療養管理指導
2016-04-20更新の日記image
1)業務内容  居宅療養管理指導では、病院、診療所、薬局などの医師、歯科医師、薬剤師、看護職員、歯科術生士及び管理栄養士が、通院困難な入居者の居宅を訪問し、療養上の管理・指導を行います。  サービスの内容に
平成28年4月21日新着!
雨露をしのぐという住宅の基本的機能
2016-04-21更新の日記image
 雨漏りをしないというのは、雨露をしのぐという住宅の基本的機能である と思われるでしょうが、実はこれが技術的には非常に難しい課題なのです。 住宅の設計と施工の技術において、厳しい品質管理の要求がなされている
平成28年4月22日PICKUP
消費者が請求できる内容
2016-04-22更新の日記image
 基本構造部分に問題があった場合に、消費者は何をすることになるのでしょ うか。テレビなどの耐久消費財の場合は、初期不良があれば取り替えてもら えますし、保証期間内であれば無料で補修を受けられます。  
平成28年4月23日更新
売買契約の場合
2016-04-23更新の日記image
 新築建売やマンションを買った場合は、売買契約を結んでおり、その場合 には品確法第88条が適用されます。  この場合に請負契約と違うのは、契約の解除ができることです。ただ、い つでも解除できるのではな
平成28年4月24日最新情報
瑕疵担保期間
2016-04-24更新の日記image
 瑕疵担保責任を問うことのできる期間は、引渡しから10年問以内と決めら れています。 10年というのは十分に長い時間ではありますが、なかには10年 ぎりぎりで問題が発見されることもあります。そういう場合
平成28年4月25日NEWS
永住という言葉
2016-04-25更新の日記image
永住という言葉はなかなか魅力的な響きをもっている。マンションは永住型ですと宣伝されると、それこそすごく期待してしまう。だが大手不動産会社各社が販売する物件の宣伝文句をよく読んでみると、その内容は案外単純なようだ
平成28年4月26日新着!
住まいに求めるもの
2016-04-26更新の日記image
これからマンションを買う人で、長く住むことを考えるのであれば、広さだけに釣られてしまうと後悔する。加えて、各住戸の部屋数が統一されているマンションを選ぶという視点くらいはもっておいたほうがよい。一棟のマンション
平成28年4月27日PICKUP
東京多摩地区で最近あった事案
2016-04-27更新の日記image
二次相続で、申告期限は平成22年2月、納税額は1億5000万円でした。 まず、土地を売却し1億1500万円の金納の準備をし、不足分は評価額3500万円の自用建物を解体した宅地を物納しました。 2月の期限までに申
平成28年4月28日更新
物件の魅力を高める
2016-04-28更新の日記image
それでも、そもそも物件そのもの、つまりハードが魅力不足なら、やはり空室リスクは減少しません。 そこでハード面のコントロールが必要になります。 魅力がないのなら、魅力を創ってしまえば良いのです!『不動産投資の運用
平成28年4月29日最新情報
高齢者円滑入居支援制度について
2016-04-29更新の日記image
平成13年10月に施行された「高齢者の居住の安定確保に関する法律」に基づき、高齢者居住支援センターが高齢者の賃貸住宅への入居を支援するものです。一定の要件を満たし、された賃貸住宅(高齢者円滑入居賃貸住宅=「高齢
平成28年4月30日NEWS
家賃保証システムを上手く利用しよう
2016-04-30更新の日記image
空室対策には、さらにまったく別の方法もあります。有名な方法ですが、賃貸管理会社に家賃保証を付けてもらうのです。 家賃保証とは、入居者がいてもいなくても賃貸管理会社に必ず毎月家賃を払ってもらえるシステムです。初め

このページの先頭へ