平成28年8月最新記事PICKUP!

交渉はジェントルマン的に
交渉はジェントルマン的にというのが原則です。交渉が決裂しても地主さんと借地人の間の契約は続きます。また、逆に自分の方に相続が起きたら、借地権を買ってほしいと、お願いする場面も見えてきます。今回のケースで面白かったのは、A、B、C、D、E、Fといる借地人のうち、Cさんは、A、B、D、E、Fとつきあいがあり、情報を集めていたらしいということです。互いに借地人同士、話も通じやすく、こうなると一種の"借地人組合"みたいなものができあがってしまうのです。しかし、情報は交換するものの、A、B、C、D、E、F、それぞれの置かれた事情は実に様々です。資金的に余裕のある人もいれば、そうでない人もいます。腹のさぐり合いということも起きてきます。そこで、中に入った不動産屋さんからCさんは、買った価格については、他の借地人たちにしばらくは伏せておいてくれ、と念をおされたということです。この辺りは紳士協定でしょう。

最新コラム!2016年8月

平成28年8月1日新着!
【比較的高利回りを期待できる】
2016-08-01更新の日記image
投資家にとって不動産ファンドの中心であるJ-REITが既存の金融商品に比べて有利なものでなければ、興味を引くことはありません。 <不動産> J-REITは安定して高い分配金を出すという特徴があって注目され、
平成28年8月2日PICKUP
【不動産ファンドにはどんな人が参加してくるのか?】
2016-08-02更新の日記image
不動産ファンド、とくに私募ファンドの組成は、コーポレイト・ファイナンス(会社全体の信用力や収益力を担保にして資金調達すること)とは異なって、スキームを構築するためには膨大な資料書などを作らなければなりませんから
平成28年8月3日更新
【契約者の内容をきちんと確認する】
2016-08-03更新の日記image
アレンジャーを外部に委託したときには、基本としてはオリジネーターなどの意向を受け、アレンジャーが匿名組合契約やローン契約などすべての契約書類をチェックします。ただし、最後には自社で確認すべきでしょう。契約書類は
平成28年8月4日最新情報
【ファンド終了時にやることは?】
2016-08-04更新の日記image
ファンドを終了させるには、不動産をどうやって売却するだけではないのです。売却を考えない運営者はいないものですが、不動産を売却した後にSPCをどのように処置するのかはあまり考慮に入れていないことが多いのです。
平成28年8月5日NEWS
【不動産投資はどう行うのか?】
2016-08-05更新の日記image
一般的な不動産投資は、手数料も税金などのコストも高くなりがちですから、短期に売買を繰り返すよりも、長期の投資を考えて行われます。不動産の投資物件ごとにコストがどれくらいになるのか、税金がどれくらいになるのか、ど
平成28年8月6日新着!
【ファンドの不動産投資】
2016-08-06更新の日記image
不動産ファンドの投資物件は、ファンドマネジャーが決めます。その物件調達能力が大変に重要で、スポンサーのしっかりした不動産ファンドを選ぶことが重要です。立地条件の良いビルは、賃料の将来の値上がりが期待できます。
平成28年8月7日PICKUP
【収益を最大化させるPM会社】
2016-08-07更新の日記image
PM会社が、適切なプロパティマネジメントを行い、テナントの満足度が高いということになってくると、高稼働率が維持できます。また、競争力が高くなれば、賃料の値下競争に巻き込まれることもなく、賃料水準を高いレベルで維
平成28年8月8日更新
【不動産鑑定士の信頼度を押さえておく】
2016-08-08更新の日記image
「不動産」証券化を扱うときには、その土台となる不動産を取り巻く動向を把握することが大切です。これまで、証券化の対象となる不動産は、オフィスビル、賃貸マンション、商業施設等、収益を上げるために、積極的に活用されて
平成28年8月9日最新情報
【不動産証券化のリスク】
2016-08-09更新の日記image
不動産の証券化ではリスクを検討することも重要なことです。ここで再度証券化のリスクをまとめておきます。 <不動産> 「①不動産の配当におけるリスク」不動産の証券化における投資は比較的安定しているのですが、それ
平成28年8月10日NEWS
【証券化の流れは止まらない】
2016-08-10更新の日記image
リスクがあるにもかかわらず、証券化が拡大していくには、それなりの理由があるのです。日本の金融市場はもちろんのこと、世界の金融市場は明らかに直接金融の方向に進んでいます <世界> 。金融が成熟してくると銀行な
平成28年8月11日新着!
【投資判断を考える】
2016-08-11更新の日記image
人間の欲にはきりがありません。欲を持たなければ、自分や家族の将来の生活や財産の不安をなくし、現在保有する資産を守るとともに、有利な運用収益を獲得することなどできません。 <財産> ただし、欲をむさぼるような
平成28年8月12日PICKUP
【投資に対して相談相手を持つこと】
2016-08-12更新の日記image
不動産に関しては、いくつもの税制の特例があって、毎年のように変わりますから、将来どうなっていくのかは考えておく必要があります。不動産への投資では、その不動産の管理運営が大切になります。 <不動産> テナント
平成28年8月13日更新
【委託者指図型投資信託・委託者非指図型投資信託】
2016-08-13更新の日記image
投資信託制度は、「契約型投信」といわれ、「委託者指図型投資信託」と「委託者非指図型投資信託」に分類されます。委託者指図型投資信託というのは、信託財産を委託者の指図に基づいて、主として特定資産に投資して運用するこ
平成28年8月14日最新情報
【税金・手数料はどうなるか?】
2016-08-14更新の日記image
個人であれば、投資家に対する分配金は、一般株式の配当同様に配当所得として課税されます。税率は、平成20年3月31日までは10% (所得税7%、住民税3%)、それ以降は20%(所得税15%、住民税5%)ですが、確
平成28年8月15日NEWS
【銘柄選びのコツのコツ】
2016-08-15更新の日記image
小口資金で不動産オーナーになることができるというのがJ-REITの特徴です。一口に不動産といっても、その用途はいろいろです。オフィスビル、ショッピングセンター、住宅、ホテルなどテナントがついて賃貸収入があるもの
平成28年8月16日新着!
【PFIとは?】
2016-08-16更新の日記image
国や地方自治体では、税金を有効に使う必要があります。いかに構造改革だ、行政改革だとかけ声を出してみたところで、税収減や財源不足が解決するものでもありません。支出には削減できないものも含まれています。そこで、新た
平成28年8月17日PICKUP
【PFIのタイプとしくみ】
2016-08-17更新の日記image
公共サービスのために何らかの建物等の施設が必要であり、それを新たに造らなければならないというのであれば、すべてが証券化できる不動産であると考えることができます。たとえば現在羽田空港では、現在の空港の沖合に新たに
平成28年8月19日更新
【住宅地としての立地条件】
2016-08-19更新の日記image
一般に,住宅地としての立地条件として検討すべき事項として次の諸点が挙げられる。「(1)地形,地質」「(2)公共施設(道路,河川,公園等)」「(3)供給処理施設(上・下水道,電力,ガス,塵芥・廃棄物等)」「(4)
平成28年8月20日最新情報
【干拓地,埋立地】
2016-08-20更新の日記image
海面や湖面の一部を堤防で囲み,中の水を排除したり(干拓地),土砂で埋め立てたり(埋立地)したこれらの人工的な土地も,一般には住宅地としてはあまり好ましい土地とはいえない。 <立地> 特に干拓地は,一般に海面
平成28年8月21日NEWS
【宅地選定のための資料】
2016-08-21更新の日記image
宅地選定のための資料として,地図や空中写真の積極的な活用を勧める。民間の出版業者による地図も豊富に出ているが,これらの大部分の地図の基礎となっている国土地理院の2万5,000分の1地形図,1万分の1地形図等を直
平成28年8月22日新着!
【地籍】
2016-08-22更新の日記image
人間に戸籍があり,戸籍簿が整備されているように,土地にも地籍があり,土地登記簿及び同付属地図が整備されている。土地の最小の単位は筆とよばれるが,土地登記簿とその付属地図には一筆ごとの所在,地番,地目,地積,所有
平成28年8月23日PICKUP
【地積と地目】
2016-08-23更新の日記image
土地登記簿の表題部には,一筆ごとの土地の面積,すなわち地積が記入されている。地積は,一筆の範囲を示すもので,杭や埋石,あるいは地形や立木などを利用して境界を明らかにし,簿冊と地図により面積や境界を記録保存してあ
平成28年8月24日更新
【土地,建物の計量単位】
2016-08-24更新の日記image
土地,建物関係の計量単位については, 1966年4月1日以降は,土地建物に関する商取引や業務上の証明行為はすべて,計量法に定める法定計量単位(メートル法)を用いなければならないこととなった(計11法8条,11条
平成28年8月25日最新情報
【土地基本法の制定】
2016-08-25更新の日記image
<本> 土地は,現在及び将来における国民のための限られた貴重な資源であり,国民が諸活動をするにあたって不可欠な基盤である。ところが,昭和50年代終わりごろに東京の中心商業地に端を発した,先般のいわゆるバブル期
平成28年8月26日NEWS
【(1)新総合土地政策推進要綱の策定】
2016-08-26更新の日記image
政府は,土地基本法を踏まえ,政府として行うべき土地政策の指針を示した「総合土地政策推進要綱」を平成3年に閣議決定し,土地神話の打破,適正な地価水準の実現等を土地政策の目標と定め,それを実現するための種々の施策を
平成28年8月27日新着!
【(2)新要綱以降の土地政策の展開】
2016-08-27更新の日記image
<取引> 新要綱に基づき土地の有効利用や土地取引の活性化に向けた諸施策が講じられることになったが,土地取引がなお低迷するなどの状況を踏まえ,さらなる土地の有効利用促進策をとりまとめるため,政府・与党の政策責任
平成28年8月28日PICKUP
【構造上の分類】
2016-08-28更新の日記image
<構造> 建物の構造分類には多種のものがあるが,通常は建物の主要構造部(骨組)を構成する材料により次のように分類されている。「(1)木造:木造,校倉造(ログハウス等),枠組壁工法(ツーバイフォー)」「(2)土
平成28年8月29日更新
【木造】
2016-08-29更新の日記image
木造(木構造)は,骨組を木材で構成する建物の総称である。骨組は,一般に壁の骨組である紬組,屋根の骨組である小屋組,床の骨組である床組からなる架構式構造である。 <木造> 軸組は通常,水平材である土台,桁,胴
平成28年8月30日最新情報
【鉄骨造】
2016-08-30更新の日記image
鉄骨造(鉄骨構造または鋼構造)は,骨組を鉄鋼材で構成する建物の総称で,骨組は一般に形鋼,鋼板等の鋼材をボルト,鋼鋲(リベット),溶接で接合する架構式構造である。 <構造> 鋼材は通常,熱間成型された普通形鋼
平成28年8月31日NEWS
【鉄筋コンクリート造・鉄骨鉄筋コンクリート造】
2016-08-31更新の日記image
<鉄筋コンクリート> 鉄筋コンクリート造(鉄筋コンクリート構造)は,鉄筋すなわち棒鋼とコンクリート(セメントと骨材,すなわち砂と砂利を水で混練したもの)を複合した材料で骨組を形成する建物の総称である。鉄骨鉄筋

このページの先頭へ