平成29年1月最新記事PICKUP!

交渉はジェントルマン的に
交渉はジェントルマン的にというのが原則です。交渉が決裂しても地主さんと借地人の間の契約は続きます。また、逆に自分の方に相続が起きたら、借地権を買ってほしいと、お願いする場面も見えてきます。今回のケースで面白かったのは、A、B、C、D、E、Fといる借地人のうち、Cさんは、A、B、D、E、Fとつきあいがあり、情報を集めていたらしいということです。互いに借地人同士、話も通じやすく、こうなると一種の"借地人組合"みたいなものができあがってしまうのです。しかし、情報は交換するものの、A、B、C、D、E、F、それぞれの置かれた事情は実に様々です。資金的に余裕のある人もいれば、そうでない人もいます。腹のさぐり合いということも起きてきます。そこで、中に入った不動産屋さんからCさんは、買った価格については、他の借地人たちにしばらくは伏せておいてくれ、と念をおされたということです。この辺りは紳士協定でしょう。

最新コラム!2017年1月

平成29年1月1日新着!
青田売りの利点を生かして、カスタマイズを図る
2017-01-01更新の日記image
カラーセレクトは、今や壁クロスーフローリング・扉といった基本素材から、キッチンの材質や高さまで選べるケースが増えています。これは青田売りの利点でもあります。思う存分吟味して「自分だけの一邸」を作りたいものです。
平成29年1月2日PICKUP
モデルルームを見る前に、知っておくべきスタンダード
2017-01-02更新の日記image
よく「モデルルームの善し悪しを見分ける方法は何ですか?」と聞かれることが多いのですが、正直言ってこの手の質問が一番困るのです。専門家によってもその答えは違っているでしょうから。自分の好みを多少なりとも反映させて
平成29年1月3日更新
既製品と特注品を見分ける
2017-01-03更新の日記image
立地要素を取り払った上で、良いマンションとは「手間ひまをかけて作った」と思えるものです。マンションはその敷地の大きさに合わせて建物の大きさが決まります。次にその建物の中に、「どの大きさ」の住戸を「いくつ」入れる
平成29年1月4日最新情報
インテリアコーディネーターが関わるタイミング
2017-01-04更新の日記image
一般的に、住み手の視点というのは建築士よりもインテリアコーディネーターのほうが長けている場合が多いのではないかと思います。なぜならインテリアコーディネーターは家具、家電、グリーンに至るまで、つまり住む直前まで関
平成29年1月5日NEWS
採用された設備仕様が定番化するか否か、審美眼を養う
2017-01-05更新の日記image
この10数年で分譲マンションは驚異的な進化をとげてきたことは前にも述べました。その時々で新しいアイデアや試みが発展したものが進化の流れなら、逆に発展せず一時の流行や一発アイデアで終わったものもあります。たとえば
平成29年1月6日新着!
「ガンガンに使い倒せる間取り」が結局は割安
2017-01-06更新の日記image
マンションをいくつか比較検討するときには、どうしても見かけの販売価格で決めてしまいがちです。もちろん安いに越したことはありません。しかし、間取りがまったく同じということはまずないでしょう。どこかに違いがあります
平成29年1月7日PICKUP
主寝室に必要な「スペース」と「静けさ」
2017-01-07更新の日記image
主寝室の場合、その用途は睡眠がメインです。睡眠前の読書もするかもしれません。ではそれに必要な要素は何でしょうか。夫婦なら「2つのシングルベッド+ナイトスタンドが置けるスペース」と「静けさ」、この2つが最低限必要
平成29年1月8日更新
4畳半の子供部屋は、中途半端なスペースになりやすい
2017-01-08更新の日記image
70平米未満の3LDK。この間取りで以前よく見かけたのが4・5畳の洋室。これは子供のいる家庭であれば子供部屋をイメージしがちですが、実際は物置になるのがほとんど。4・5畳ではよほど形状が良くない限りベッドと勉強
平成29年1月9日最新情報
キッチンのトレンド
2017-01-09更新の日記image
マンションの専有部分において一番原価の高い設備が「キッチン」です。作り手であるデベロッパーから、マンションプロジェクトの作り込みの場面において「最も気を使うのはキッチンを選定するときだ」と聞いたこともあります。
平成29年1月10日NEWS
モデルルームから物件の善し悪しを読み解くテクニック
2017-01-10更新の日記image
さて、ようやくモデルルームに到達しました。細かいチェックの仕方については詳述しないと言いましたが、しかし最低限のルールについては整理しておきましょう。まず肝に銘じなければならないことは「モデルルームは実際に買う
平成29年1月11日新着!
新築と中古とで大きく違うポイント「開口部」
2017-01-11更新の日記image
まずひとつは、最新マンションの進化が見て取れる「開口部」と「水回り」です。私は、新築と中古の違いもこの2ヶ所に顕著に表れるのではないかと思っています。ここ10年ちょっとでマンションは随分進化しました。住戸内に関
平成29年1月12日PICKUP
新築と中古とで大きく違うポイント「水回り」
2017-01-12更新の日記image
水回り。水回りとはキッチン、洗面、バス、トイレなど水を使う箇所を指します。開口部の進化に劣らず、水回りの性能アップも近年、目を見張るものがあります。特にキッチンは、前述の設備の充実もさることながら、主流のカウン
平成29年1月13日更新
「良い家」発掘の鍵は、モデルルームのインテリアが握る
2017-01-13更新の日記image
2つ目のポイントは「オプションを含めたインテリア全体の設(しつら)え」です。「オプションに惑わされるな!」「インテリアは実際に買う部屋とは直接関係ない!」とよく言われます。その認識は正しいし、見学時の注意点とし
平成29年1月14日最新情報
プロの設(しつら)えは、素人では思いつかない技とアイデアの宝庫だ
2017-01-14更新の日記image
ご存知の方も多いと思いますが、マンションのモデルルームはプロのインテリアコーディネーターが手がけています。設備系を除く造り付けの家具などのオプションもそうです。中には内装材から外壁やエントランスまで手がけている
平成29年1月15日NEWS
まず、その土地の「素性」を知ろう
2017-01-15更新の日記image
もしあなたが家や土地を買おうと思ったとき、一番最初に思い浮かべることは何でしょうか。ほとんどの人は、敷地の広さや地形はもちろん、その土地がある周囲の状況、そして、どのように道路があるのか、家の造りはどうかなどを
平成29年1月16日新着!
「非常に安い」はどこが問題か」
2017-01-16更新の日記image
不動産に掘り出し物はないIこれが業界の常識です。土地に関して言えば、同じように見える土地でも、広さや形、方位によって一つ一つの素性が違います。かなり安いというときには、例えば、地盤調査に手抜きがあるとか、土地の
平成29年1月17日PICKUP
「雛壇造形」の一番心配な部分
2017-01-17更新の日記image
隣り合った土地でも一方は削って平らにした土地、もう一方は、削った土地を盛ってならした土地という造形があります。この場合、削ったほうより盛ったほうが地盤が軟弱というのは確か。特に雛段造形などでは、合理的に土砂を処
平成29年1月18日更新
自分で掘ってみれば分かる
2017-01-18更新の日記image
敷地の素性を知るために、スコップを持って自分で掘ってみたらどうでしようか?地面の下が何で成り立っているのか、砂が多かったり、砂利混じりだとか、ある程度のところまで分かるのではないか……そう思う人もいるかもしれま
平成29年1月19日最新情報
環境の将来を見極める
2017-01-19更新の日記image
環境のいいところに住みたい――誰しも思うことは同じらしく、住宅の広告の多くが「最高の環境!」とうたっています。極端になると、「マンションなんてどれでも同じだ。大事なのは環境だ」と、ひたすら環境のいい物件に血眼に
平成29年1月20日NEWS
「計画道路」にもご用心
2017-01-20更新の日記image
近くに河川などがあるときは、過去の氾濫状況の確認をするとともに、河川改修計画にも注意をはらいましょう。これは都市計画図にはのっていないので、直接、役所の担当部署で聞き、しっかり調べておくことが大事です。もう一つ
平成29年1月21日新着!
「好い立地条件」で見落としがちな点
2017-01-21更新の日記image
前にも言いましたが、不動産に掘り出し物はありません。かなりの高額物件でもない限り、日当りも眺望も理想的な好条件のものがそう簡単にはありません。もし、周囲の条件も良く、おまけに手頃――こんな物件にあたったら、まず
平成29年1月22日PICKUP
悪いことは書いていない、のが当たり前
2017-01-22更新の日記image
自分たちの住まいが欲しい――そう思ったとき、まず最初に目に入るのが新聞の折り込みチラシ。マンションにしろ一戸建てにしろ「家」を購入するときは、まず、不動産のチラシ広告を見ることから始まるのが普通です。このような
平成29年1月23日更新
「物件概要」には何が書かれているか
2017-01-23更新の日記image
不動産の広告では、大きく打ち出されたコピーが人目をひきます。これはいわば業者の「売り」の部分。例えば地震に強い構造が売りであれば「免震構造を採用したマンション」といったことがメインコピーとして書かれます。しかし
平成29年1月24日最新情報
「駅から十分」の正しい読み方
2017-01-24更新の日記image
「物件概要」には、誇大広告や不当広告から消費者を守るために、宅地建物取引業法や不当景品類および不当表示防止法や公正競争規約などにより、一定のルールが定められています。たとえば徒歩時間は、八十メートルを一分で計算
平成29年1月25日NEWS
案内図に頼らず、自分の足で確かめる
2017-01-25更新の日記image
物件の所在地を示す広告の略図には、学校や図書館などの文化施設や、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、病院など、生活する上でプラスになるイメージのものを書きこんである場合がほとんどです。反対に、工場や葬儀場
平成29年1月26日新着!
こんな「オトリ広告」に引っかかってはいけない
2017-01-26更新の日記image
不動産広告のなかで特に悪質なもののひとつに「オトリ広告」と呼ばれるものがあります。オトリ広告とは、例えば、広告にはとてもすてきな間取りAタイプがのっているのに、現場に行ってみるとAタイプは売り切れ。つまり、まだ
平成29年1月27日PICKUP
モデルルームは「あなたの家」ではない
2017-01-27更新の日記image
マンション購入を考えたとき、広告の間取りや写真だけでは納得できません。実際にその部屋に立ってみたくなるのが人情というもの。それを現実にしてくれるのがマンションのモデルルームです。つまり、モデルルームを見に行くと
平成29年1月28日更新
手持ちの家具をモデルルームに当てはめてみる
2017-01-28更新の日記image
家只、照明などオプションがフル装備されているモデルルーム。そこに置かれているものは、その物件をよく見せるためにそろえられたものなのです。これを置くと狭いとか見栄えが悪くなるといったものが置かれることはまずありま
平成29年1月29日最新情報
住宅工法、ここがポイント
2017-01-29更新の日記image
家を新築するとき、昔なら大工さんに頼みました。大工さんは木材を上手に組み立て、いかにも日本の家屋という家を建てたものでした。そのころは、普通の一戸建ての家といえばみな同じ工法で建てたのです。ところが近年は違いま
平成29年1月30日NEWS
「木造軸組工法」のここをチェック
2017-01-30更新の日記image
この建て方は、日本に古くから伝わる建築法です。「木造軸組工法」とは、柱と梁を組んで造るところから生まれた言葉。基礎の上に柱を乗せ、土台の上に柱を乗せて柱と柱を梁でつないでから、その軸の上に小屋をのせていきます。
平成29年1月31日新着!
「ツーバイフォー(2×4)工法」のここをチェック
2017-01-31更新の日記image
アメリカの西部開拓時代に生まれたこの工法は、2×4インチ断面の木材を使用することからツーバイフォーと呼ばれています。柱や梁の代わりに壁やパネルを組みたてて箱型の骨組みを造るので、設計の自由度が少なく、変形地形に

このページの先頭へ