平成29年6月最新記事PICKUP!

交渉はジェントルマン的に
交渉はジェントルマン的にというのが原則です。交渉が決裂しても地主さんと借地人の間の契約は続きます。また、逆に自分の方に相続が起きたら、借地権を買ってほしいと、お願いする場面も見えてきます。今回のケースで面白かったのは、A、B、C、D、E、Fといる借地人のうち、Cさんは、A、B、D、E、Fとつきあいがあり、情報を集めていたらしいということです。互いに借地人同士、話も通じやすく、こうなると一種の"借地人組合"みたいなものができあがってしまうのです。しかし、情報は交換するものの、A、B、C、D、E、F、それぞれの置かれた事情は実に様々です。資金的に余裕のある人もいれば、そうでない人もいます。腹のさぐり合いということも起きてきます。そこで、中に入った不動産屋さんからCさんは、買った価格については、他の借地人たちにしばらくは伏せておいてくれ、と念をおされたということです。この辺りは紳士協定でしょう。

最新コラム!2017年6月

平成29年6月1日新着!
賃貸事業をメインに考える
2017-06-01更新の日記image
ただし、建物のプランは、立地や周辺環境、ターゲットとする入居者層を考えて工夫することが欠かせません。あくまで賃貸事業をメインに考えることが大事です。ところが、ハウスメーカーなどの建てるアパート併用住宅は、発想が
平成29年6月2日PICKUP
王道流「戸建賃貸」の例
2017-06-02更新の日記image
私自身、北関東のある地域で、戸建賃貸を4棟、試しに建ててみました。「王道チーム」のチーフ設計士である小櫻さんの力を借り、プランには工夫を凝らしました。ポイントは、ビルトインガレージにしたことです。地方は車社会で
平成29年6月3日更新
農地の転用手続き
2017-06-03更新の日記image
農地を他の用地に用いること(農地転用)については、農地法による厳しい規制がかけられています。具体的には、自分の農地を宅地などに転用する場合は農地法第4条、農地の所有者から農地を第三者が買って転用する場合は農地法
平成29年6月4日最新情報
オンリーワン勉強会
2017-06-04更新の日記image
自分のまわりの友人や知人にもしよっちゅうしています。将来への危機感を持っている方は比較的すぐピンときますが、中には全然理解できない方もいます。 『3つの説得パターン』さて、親の説得法ですが、大きく3つあると思
平成29年6月5日NEWS
老後の不安を認識できる人、その場限りの生き方の人
2017-06-05更新の日記image
『老後の備えについて考えてみよう』私たちは老後の備えとして何に期待すればいいのでしょうか。前書きでも述べましたが、老後の支え(備え)は大別して次のようなものです。・家族(子供)・預貯金・株式・投資信託・地代・家
平成29年6月6日新着!
銀行などの預貯金や金融商品に今後の期待ができます
2017-06-06更新の日記image
私たちは銀行などの預貯金や金融商品に期待できるのでしょうか。いま、私たちを取り巻く環境はなかなか先の見えない状況にあります。失業率の増加、リストラ、企業倒産、賃下げ、少子高齢化、年金不安、低金利、株安、マイホー
平成29年6月7日PICKUP
ますます銀行に頼れない時代となった
2017-06-07更新の日記image
私たちがリスク商品に立ち向かうのはそんなにたやすいことではありません。それなりのノウハウをしっかりと身につけておかなければならないからです。しかし、金融機関などを相手にして、何かを学ぽうというのは、ほとんど不可
平成29年6月8日更新
いま投資用不動産を買うのは正解か?不正解か?
2017-06-08更新の日記image
『確実な将来を期待して待つことは正解か?』「不確実性」という言葉がマスコミやビジネスの話題になり始めたのが80年代のことでした。経済学者のガルブレイス博士が上梓した「不確実性の時代」は1978年に日本でもベスト
平成29年6月9日最新情報
日本人のメンタリティが変化している
2017-06-09更新の日記image
日本人のメンタリティが変化しているように感じます。「自己責任」という言葉が使われ始めて、他人や環境のせいにしないで自分の力で自立する人たちが増えたように思うのです。将来の不安や危機に対して、ちゃんと準備するとい
平成29年6月10日NEWS
こんな時代だからこそ不動産投資
2017-06-10更新の日記image
『自社の利益しか考えない不動産会社』今はどのような時代でしょうか。「屈用に関する不安はなく、給料は上がり調子、老後の心配は全くない」こんな風に言える人は本当にごく一握りだと思います。「会社が数年前からリストラを
平成29年6月11日新着!
何十年もお金を生む資産を持つ
2017-06-11更新の日記image
電話の勧誘ではこんなことを言われます。「今都内に建築中の新築ワンルームマンションを購入されませんか。最寄駅から徒歩10分圏内の利便性がいい立地です。価格は2700万円。頭金なしで、全額ローンを35年、金利は2・
平成29年6月12日PICKUP
入居直後の初月
2017-06-12更新の日記image
最近ではフリーレントという、入居直後の初月あるいは入居後2ヶ月間は家賃が無料になる物件もあります。そうなったら、更新料を払って今の物件に住み続けるよりも、引っ越した方がずっとお得です。もし、今住んでいる方を引き
平成29年6月13日更新
働きながら投資用不動産を自分自身で管理すると大変
2017-06-13更新の日記image
不動産投資が他の投資と大きく違うことがあります。それは「事業」である、ということです。たとえば、株式と外貨投資の場合を考えてみてください。株式を買った後は、企業の業績や社会情勢、株式市場の動向を見定めて売り時を
平成29年6月14日最新情報
やっぱり怖い投資用不動産販売会社は数多くある
2017-06-14更新の日記image
悪い不動産会社はとても怖いのです。入居者からのクレームに応えない、家賃未払いを放置する、などはよくある話ですが、さらに怖いのは、確定申告や融資です。「確定申告はうちでやりますから」という管理会社がありますが、そ
平成29年6月15日NEWS
それでも不動産投資を薦める理由
2017-06-15更新の日記image
「いかに不動産業界が怖いものか」ということを説明してきましたが、それでも私たちが不動産投資をお勧めする理由はなんでしょうか。まず、不動産というものがとても身近なものだからです。人間にとって家はなくてはならないも
平成29年6月16日新着!
不動産は相続税課税額が現金よりも低くなる
2017-06-16更新の日記image
不動産は相続税課税額が現金よりも低くなるのです。まず、不動産は課税評価額を下げるという効果があります。現金や貯金などの金融資産は、その額面がそのまま課税の対象として評価されます。株式や債券も相続時の時価で評価さ
平成29年6月17日PICKUP
狙われる日本人の資産
2017-06-17更新の日記image
普通預金の保証を1000万円とした上で低金利を続ける意図は、個人の資産を「投資」へと誘い出すことにありました。  しかも今まで投資などに関心がなく、ゴツゴツと貯蓄してきたお金に対して、金融機関は平気で「将来に
平成29年6月18日更新
○○ショック冷めやらぬ1999年、札幌でスタート
2017-06-18更新の日記image
 1999年10月、私は25年のサラリーマン生活を早期退職(48歳)で辞め、 出身地の北海道に戻って不動産業で独立起業しました。  1999年と言えば、北海道の景気はひどい状態でした。1997年からの 山
平成29年6月19日最新情報
本社・北16条ビルの購入
2017-06-19更新の日記image
起業後の2003年6月、私は〈北16条ビル〉を、本社ビルとして購入しま した。  このビルは地下鉄南北線札幌駅から2つ目、北18条駅から徒歩1分、札幌駅からでも徒歩約15分の、北海道大学のそばにあります。
平成29年6月20日NEWS
建売から大家業へ。
2017-06-20更新の日記image
売買益に頼らなくてもまわる体制。  しばらくすると、第一次のミニバブルのような流れがやってきて、「ファンド」と言われる外資系の人たちが北海道で物件を探しはじめるようになりました。当社もRC(鉄筋コンクリー
平成29年6月21日新着!
会社の土台をしつかり固めた4物件
2017-06-21更新の日記image
 さらに2008年7月、小樽、釧路、苗穂円で購入しました。 江別にある4物件を、合計18億  購入の決め手になった大きな理由は3つあります。  ひとつはこれらの物件は大手ゼネコンが施工し、同様な規模の建造
平成29年6月22日PICKUP
利回り13.8%。 それでも「不動産は駄目」なのか?
2017-06-22更新の日記image
 小樽ベイサイドシティは、鹿島建設が小樽のベイェリア再開発の一環で立てて売却していた賃貸マンションに、設計士の耐震偽装疑惑が出たために買い戻したものです。しかし信託受益権化されてひとつのSPC(特定目的
平成29年6月23日更新
中古マンションを買うときの住宅ローン
2017-06-23更新の日記image
・中古マンションには「中古住宅購入融資」  中古マンションを購入するときに利用できるのが、公庫の「中古住宅購入融資」です。この融資を利用できる住宅の条件は次のとおりです。  ①建築後に人の住んだことのある住
平成29年6月24日最新情報
セカンドハウスを買うときの住宅ローン
2017-06-24更新の日記image
・2つ目の住宅購入には「住まいひろがり特別融資」  週末をリゾート地や郊外などで過ごす人も増えてきました。定年後は都会を離れてセカンドハウスでゆっくり過ごそうとする人たちもいます。このような第2のマイホー
平成29年6月25日NEWS
住宅をリフォームするときの住宅ローン
2017-06-25更新の日記image
・住宅の増築●改築工事には「リフォームロ-ン」  公庫には「リフォームローン」という融資制度もあります。子ども部屋が必要になったり、親と同居することになったときなどの増築、災害に備えて柱や壁を強化すること
平成29年6月26日新着!
公団が分譲する住宅を買うときの住宅ローン
2017-06-26更新の日記image
・住宅・都市整備公団の住宅には「公団の割賦制度」がある  住宅・都市整備公団が分譲するマンションや二戸建て住宅を購入するときに利用できるのが「公団の割賦制度」といわれる融資です。これは公団独自のシステ
平成29年6月27日PICKUP
最高4000万円の大型融資か可能な「財形住宅融資」
2017-06-27更新の日記image
・財形貯蓄をしている人が借りられる住宅ローン。  公的ローンの第3番目は「財形住宅融資(財形)」です。年金は公庫と併用しての併せ貸しもありますが、財形は単独での利用も可能です。  会社に勤めているサラリーマ
平成29年6月28日更新
利用しやすい民間の住宅ローン
2017-06-28更新の日記image
・公的ロ-ンの条件に合わないときは「民間ローン」。  公庫をはじめとする公的ローンは安心感がもてる融 資といえますが、その代わり細かな条件や取り決めがあり、しかも融資額に制限があり、思うような金額が借り
平成29年6月29日最新情報
民間の住宅ローン商品の選び方
2017-06-29更新の日記image
・銀行ローンはどこの銀行を選べば有利か。  銀行ローンは毎月1日に、当月中に融資する金利を発表しています。現在の金利が低くても、申し込み時点の金利が適用されるとは限りません。申し込んでから融資が実行されるまで
平成29年6月30日NEWS
不動産業者の信用度チェック
2017-06-30更新の日記image
・第一印象と業者免許で判断する。  不動産業者を選ぶポイントは、いかに信頼できる人間関係を持つことができるかどうかです。信頼のおける人からの紹介であれば安心ですが、通常は、物件を見に行ったときが初対面

このページの先頭へ