平成29年7月最新記事PICKUP!

交渉はジェントルマン的に
交渉はジェントルマン的にというのが原則です。交渉が決裂しても地主さんと借地人の間の契約は続きます。また、逆に自分の方に相続が起きたら、借地権を買ってほしいと、お願いする場面も見えてきます。今回のケースで面白かったのは、A、B、C、D、E、Fといる借地人のうち、Cさんは、A、B、D、E、Fとつきあいがあり、情報を集めていたらしいということです。互いに借地人同士、話も通じやすく、こうなると一種の"借地人組合"みたいなものができあがってしまうのです。しかし、情報は交換するものの、A、B、C、D、E、F、それぞれの置かれた事情は実に様々です。資金的に余裕のある人もいれば、そうでない人もいます。腹のさぐり合いということも起きてきます。そこで、中に入った不動産屋さんからCさんは、買った価格については、他の借地人たちにしばらくは伏せておいてくれ、と念をおされたということです。この辺りは紳士協定でしょう。

最新コラム!2017年7月

平成29年7月1日新着!
マンションの自社開発
2017-07-01更新の日記image
某会社では、「初めて家を持つ人を応援する」をブランドコンセプトにしていますが、一人ひとりのお客さまの一生に生じるすべての不動産ニーズに応えられるオンリーワン企業になることをめざしてきました」人は生まれてから死ぬ
平成29年7月2日PICKUP
住宅会社の使命の一つ
2017-07-02更新の日記image
ワンストップでニーズにお応えできるだけでなく、各領域の補完関係もできあがり、お客さまにとっては、リビングライフに行けばなんでも相談できると思っていただける企業になったと一応の達成感を覚えているところです」このよ
平成29年7月3日更新
住宅が建ち並ぶ住宅街
2017-07-03更新の日記image
◆ディベロップメント事業平成十九年にマンション事業部はディベロップメント事業部へと改称した。現在、建築条件付分譲宅地「ライフアソート」、新築分譲マンション「ライフレビュー」、リノベーションマンション「リリフア」
平成29年7月4日最新情報
マンション事業・リノベーション事業
2017-07-04更新の日記image
マンション事業・リノベーション事業大手企業が所有していた社宅や賃貸マンションなどを一棟丸ごとリノベーションして、新たな分譲マンションとして販売する事業。近年、新たな注目を集めているビジネスモデルである。リビング
平成29年7月5日NEWS
土地の有効活用で安定収入
2017-07-05更新の日記image
◆アセットソリューション事業部リビングライフグループ保有資産のアセットマネジメントやプロパティマネジメント、ビルマネジメントを行っている。ビルやマンションの入居者が快適に思える物件環境をプロデュースして資産価値
平成29年7月6日新着!
ビジネス展開した事によって変わった事
2017-07-06更新の日記image
◆株式会社東横建設分譲戸建住宅「グレイスウッド」など、リビングライフの戸建住宅の設計・施工・販売を手がけている。「グレイスウッド」は木の魅力を生かし、自然の持つやさしさにあふれ、杤永続性、耐久性にも
平成29年7月7日PICKUP
某不動産の発展の期待
2017-07-07更新の日記image
東京都夕と神奈川県の人口を合わせると二二〇〇万人を上回り、関東圏全域を視野に入れれば人口は三〇〇〇万人規模という大きな市場だ。「海に近く、比較的気候も温暖で、むかしからハイソなイメージがあるこのエリアは、平均年
平成29年7月8日更新
土地鑑を基盤にする不動産業には最高の事業展開
2017-07-08更新の日記image
ドミナント戦略はコンビニエンスストア、ファミリーレストランなどの業態でよく用いられる戦略だという印象があるが、考えてみれば、不動産ビジネスほどドミナントが有効な業種はない。土地鑑という言葉があるが、ある一定の範
平成29年7月9日最新情報
原点は真の幸福の追求
2017-07-09更新の日記image
【ー灰谷久雄とリビングライフの歩み―】母一人子一人の家庭から大学に進学創業から二十年という短い時間で、不動産のトータルソリューション企業を育て上げた炭谷久雄は、どんな人生を歩んできたのだろうか。炭谷のこれまでの
平成29年7月10日NEWS
生活を安定させることが大事
2017-07-10更新の日記image
地元で小・中・高校時代をすごし、大学は東京へ。高校時代は放送クラブに所属しており、このときつくった録音構成番組が某テレビのコンクールで全国一位に輝いたことはいま舁も炭谷の″勲章″だ。昭和四十年、東京に出て明治大
平成29年7月11日新着!
ニーズに合った物件をお客さんに提供するために
2017-07-11更新の日記image
不動産業界は特に熱気を帯び、その渦の真ん中という存在だった。炭谷は迷うことなく、活況の不動産ビジネスに飛び込んだ。はじめの四年ほどで小さな企業を2社ほど経由し、昭和五十五年、ミヤマ(現レオパレス21)に入社した
平成29年7月12日PICKUP
某不動産会社が生き残るために頑張ってきたこと
2017-07-12更新の日記image
営業マン間の差ができるかといえば、いかに短時間の間にお客さまのニーズを正確に把握して、正確な情報を提供できるか。この一点に尽きるのです」炭谷はさりげなくこういうが、もちろん、ひと言でいうほど容易なことではないは
平成29年7月13日更新
「3KM」との出合い、そして独立
2017-07-13更新の日記image
バブル崩壊後の収束処理をする経営方針で、森本が示した方向性と炭谷がめざす方向性が微妙にずれていったのだ。決定的だったのは、このころ、炭谷が3KM理念と出合ったことだった。前にも述べたが、住宅業界紙で北海道の不動
平成29年7月14日最新情報
某不動産会社を創設
2017-07-14更新の日記image
平成元年十二月、炭谷は「リビング経営」を設立する。東京・世田谷の尾山台に一〇坪ほどの小さな事務所を借りて、社員は炭谷一人。社長兼営業兼……と一人何役もこなした。机一つに電話一本のスタートだった。創業はくしくも証
平成29年7月15日NEWS
苦労が続いた創業期
2017-07-15更新の日記image
平成元年+二月末は証券バブルがピークに達して、ここからバブル崩壊へと一気に下り坂に転じた分岐点だった。少し遅れて、不動産バブルも崩壊する。熱気をはらんでいた不動産市場は冷水を浴びせられたように一気に冷え込み、市
平成29年7月16日新着!
本社ビルの完成
2017-07-16更新の日記image
順調に発展軌道を進みつづけ、平成八年八月、念願だった本社ビルが完成した。「何年も苦しい市況が続いたのですが、それを乗り越え、ようやくほっとひと息つけるようになったころ、本社ビルを構えることができたのです」炭谷は
平成29年7月17日PICKUP
創立十周年を期してマンション事業へ進出
2017-07-17更新の日記image
月日はあっという間に流れ、平成+2年七月、リビングライフは創立十周年を迎えている。資本金を九九〇〇万円に増強。すでに社員は一〇〇名を超え、年間取扱高は一〇〇億円を記録するまでになった。炭谷を知る者は、誰も異口同
平成29年7月18日更新
某不動産会社の宣言
2017-07-18更新の日記image
平成十五年には蒲田支店を開設。その二年後の平成十七年には、川崎支店も開設し、リビングライフは城南地区における存在感をさらに不動のものにしていった。第3章原点は真の幸福の追求支店を構えると、支店のある地域からの情
平成29年7月19日最新情報
リーマンショックという洗礼
2017-07-19更新の日記image
平成二十年九月十五日、アメリカの投資銀行リーマン・ブラザーズが経営破綻。これが発端となって世界的な金融危機が起こったのだ。その結果、世界経済の冷え込みや金融不安から世界の資金が日本円に集まり、超円高を招き、日本
平成29年7月20日NEWS
競売不動産って何・・・・・・
2017-07-20更新の日記image
『競売不動産はこうして生まれる』・不動産競売とは何なのか?不動産競売手続は弁済を受けられずに困った債権者が裁判所に申立てをすることにより始まる。債権者が債務者の所有する,又は担保として提供していた不動産を裁判所
平成29年7月21日新着!
競売不動産の特徴
2017-07-21更新の日記image
私たちが,土地や家を買おうとするとき,広告を見たり,不動産会牡に依頼したりする。より安く,そしてより良いものを求め努力するのである。もし,読者が少しでも競売不動産というものに興味を持ったなら,ひょっとすると,そ
平成29年7月22日PICKUP
コーヒーブレイク
2017-07-22更新の日記image
昭和58年,競売で不動産を買い受けた不動産鑑定士が,その不動産を占有したまま明渡しに応じてくれない一家五人を殺害し,それらの死体を電動ノコギリで,バラバラにして捨てるという,痛ましい事件があった。後日分かったと
平成29年7月23日更新
購入資金について
2017-07-23更新の日記image
競売不動産を必要以上に恐れるべきでは無いが,購入にあたっては占有状況についての十分なる調査とともに,資金及び時間的余裕を持つことが肝心だろう。間違っても,高金利の融資金などでの購入は慎しまねばならない。・素人は
平成29年7月24日最新情報
競売市場はボロ市
2017-07-24更新の日記image
貸ビルで悠々自適という羨ましい人の話を聞くと,結構競売により,その物件を取得していたりすることがある。そういったいわば成功者は,競売市場からお宝を探し当てた幸運な人達といえるだろう。私達も是非あやかりたいものだ
平成29年7月25日NEWS
競売不動産の難しいところ
2017-07-25更新の日記image
破格に安い物件は要注意である。他にも共有持分のみの競売不動産などというのもある。一つの不動産を複数で持っていて,その一部分の共有持分のみが,売却されるというものだ。利用するにも,処分するにも,他の共有者との協議
平成29年7月26日新着!
素人は不動産競売に手を出すな
2017-07-26更新の日記image
その2ー不動産競売の特殊性として,買受後に以下のような問題が生じた場合に,通常の不動産取引とは異なる。まず,自ら居住する目的で買い受けたが,占有屋が占拠していて使用できない場合,通常の売買であれば売主の債務不履
平成29年7月27日PICKUP
競売はどんな方法で行われるのか
2017-07-27更新の日記image
先に昭和54年の民事執行法の制定が,一般市民に開かれた不動産競売を実現した,と述べた。それは,それ以前において,買受けできる人の資格が,特別にあったという訳ではない。では,何をもって開かれた制度になったのかとい
平成29年7月28日更新
不動産競売はビジネスの一つ
2017-07-28更新の日記image
昭和54年に制定された民事執行法は,従来別々の法律に規定されていた強制執行と競売を統一し,旧来の制度を改正するばかりでなく川日来は存在しなかった各種の新制度を新設した。本書が扱う不動産競売手続においても不動産の
平成29年7月29日最新情報
競売不動産の入札には談合の余地は無い
2017-07-29更新の日記image
現在は改善され,従来通りの競り売りを含め,4種類の売却方法から,執行裁判所がその裁量で選べることになっている。それらの方法の概要は次のとおりである。・期日入札……入札期日に入札をさせた後,その場で開札をする方法
平成29年7月30日NEWS
独り合点は大怪我のもと
2017-07-30更新の日記image
土地や家を買うとき,通常皆さんは不動産業者から,あるいは不動産業者を介して購入する。この場合,不動産業者は,売主として,または仲介人としての責任を負うことになる。買う方の立場としては,法律(宅地建物取引業法)に
平成29年7月31日新着!
明渡訴訟と引渡命令
2017-07-31更新の日記image
■明渡訴訟と引渡命令・買い受けた物件を占有する者から,物件の引渡しを受ける方法は,まず占有者と話し合い,任意に明け渡してもらうことである。しかし,任意に明け渡してもらうには,多くの場合明渡料を要求される。そこで

このページの先頭へ