トップ > 平成29年10月> 10日

管理会社が管理者としての権限を持つべき

2017年10月10日「火曜日」更新の日記

2017-10-10の日記のIMAGE
フロントマネージャーが何を悩んでいるか、上司と部下とのコミュニケーションが活発に行われ、問題を把握できるようにしました。支店長が育たなければ、組織が大きくなった時に対応できないと思います。いきなりできることではありませんから、コストが掛かっても、10・20年後を考え、次のステップが開けるように、人材を育てることが大切だと考えています。 「管理会社が管理者としての権限を持つべき」との意見もありますが、私はあくまでも、主体は管理組合だと考えています。理事会がうまく機能しないことのほうが問題ですし、まずは理事会がしっかりと機能し、その決断を待って我々が運営のサポートをしていくことが必要だと考えています。 管理者としての権限をもってやることがあるとしても、慎重にやらなければなりません。お客様の属性による判断も必要だと思います。管理者の役割をマンション管理士が引き受けられるといいと思いますが、マンション管理士にもかなりの幅がありますし、問題が起きた場合の補償も考えなくてはなりませんから個人では難しい、財団等を作ることも考えられます。

このページの先頭へ